私のムダ毛との戦い

体毛が濃い方なので、ムダ毛の処理には昔から悩まされてきました。
小学校のプールの時、ワキの処理をしていない人がいて…という話を友達から聞かされ、やらないと恥ずかしい!と思ったのが
意識し出した最初の記憶でしょうか。
中学校に上がる頃になると、もっと人目が気になるようになるので、腕も足も処理するようになりましたね。
方法も最初は良く分からなかったので、色々試したと思います。
脱毛クリニックだけはまだやったことがありません。

オーソドックスにシェーバーで剃ったり、専用の薬剤を塗り付けて脱色して目立たなくしてみたり(かゆみが出たので断念)、
毛抜きでちまちまと抜いてみたり…ワックスを塗って乾かし一気にはがす!なんてのもありましたが、あれはとんでもなく痛かった;
濃くて太い毛なのでとにかく目立つんです。
ムダ毛の薄い友人が本当に羨ましかったなあ。

そのうち電気脱毛器なるものが発売されたので嬉々として購入。
一度に何本も抜くわけだから当然痛いわけですが、これでお手入れは相当楽になりました。
シェーバーで剃ってしまうと肌の角質まで削り取ってしまうそうなので、あんまり使わなくなりました。
通っていた美容院では光脱毛を勧められたので、取りあえずワキだけ施術してもらいました。
痛みもなく時間もそんなにかからず、肌も荒れたりしないし、何よりホントに生えてこない。
これはいい!と感動しましたが、広範囲になるほどお値段もかかるのでワキだけで終了させてしまいました。

今は家庭用で、光を当てて生えるのを遅らせるみたいな商品も出てるようですが気になってます。
年齢が上がってくると今から永久脱毛してもなあ…という感じだし。笑
そういう意味で適齢期ってのがあったなあと今更思います。

脱毛では悩みばかり…

脱毛では悩みばかりです。…というのも、毛はすぐに抜いても抜いてもはえてくるし、もう、手入れそのものも結構大変だからです。
医学的には婦人科の先生が言っていたけど肌には負担のかかることで、まだ毛ぞりを選択した方がいいくらいだとか聞きました。

ただ、毛ぞりと併用して毛抜きもやっているので、どっちか一つだけ、ということはほとんどないです。
両方をしないと夏なんかは自分の体をツルツルにするのが間に合わないんで、私は両方をやっています。
夏にビキニになるときに、Vラインの脱毛処理はさすがにいろいろ勉強したけど、みんな最低限やるべき場所をT字カミソリで剃る程度にしており、後は休ませているみたいですね。
ああいう所はもしも、雑菌なんかが入ったりしたら、もうとんでもないことになってしまいますから。

怖いし、あんまり触りたくない微妙な部分ではあります。
ブラジルではブラジリアンワックスなどをあたり前のように売っています。
やっぱり、ビキニの本番、サンバの街ではああいうような者の処理には慣れていますし、あまり日本人みたいに抵抗がないみたいですね。

私は高校生の時に、水着になるときに、仲間が「あそこの毛はどうしてる?」とみんなに直に聞いてきたので、考えたこともなかったし、その時はビックリしました。
そんなの!何もしないでしょう?普通…とあの時には思ったけど、後になって大人になり、よくよく考えたら、ああいう風に聞かれるのが当たり前だったかな…という気もしています。
その頃私が毛深くなく、腕も足もツルンツルンだったから、脱毛に関心なかっただけで、結構みんなは関心あったんだな…と思いました。

脱毛するならちゃんとしたクリニックなどで脱毛したほうがいいというのが私の持論です。
新宿エリアなどたくさん美容外科クリニックがあるところで探してみてはいかがでしょうか?参考 新宿の医療脱毛クリニックまとめ※料金やコースも徹底比較

床屋さんに行った時のこと

床屋さんに行ってきました。そこはもう長年利用していて、行きたいと思ったらその日でもだいたい大丈夫なので助かっています。
そこでは色々な世間話をしていて、その中でスキンケアなどのアドバイスを割とたくさんいただいています。
その中で実践していることはいくつかあり、ひとつめは洗顔後の乳液です。
男性が乳液を使うなんてほとんど聞いたことがなかったので最初は驚きました。
床屋さんのマスターの話を聞いてみると、なるべく若いうちから乳液をつけておくことは将来皺やなどの予防になるということでした。
女性がよくやっているのだからきっと本当なのだろうと思い、ずっと続けています。
紫外線防止の成分を含んだ乳液を使っていて、これならば一石二鳥だなあと思っています。
それからオーガニックの素材のシャンプーを使うという事です。これも聞いてから実践し続けています。
具体的に避けた方がいい成分というのが安価なシャンプーの多くに入っているらしく、使い続けていると体の中にもその悪い成分が入ってしまうという事でした。本当かどうかは正直分からないのですが、以前からオーガニックの商品にはかなり興味があったので変えることにしました。ついでに歯磨き粉も同じように自然の成分ばかりのものを使うようにしました。シャンプーだけならばいいのですが、色々とオーガニック商品を揃えようと思うとそれなりの金額になってしまうのでなかなか難しいところです。
ヒゲの剃り方も床屋さんのやりかたを真似するようになりました。髭剃り自体、肌を痛める行為らしく剃る前にしっかり肌を温めて毛穴を開かせてから剃るようにしています。
やはりプロの方からのアドバイスはたくさんあって実際にやる価値はあると思います。

北京ダックのような料理を再現

昔から北京ダックが大好きで、海外に旅行に行った際には何度も足を運んでしまうほどです。ロンドンだったのですが、値段が安くて美味しかったので驚きました。日本だけが高いのかなあ、と思ってしまうほどの価格でした。
しかし、日本ではしょっちゅう食べることができない高級品ですし、ふだんのごはんのおかずとしても合いません。それでも食べたいなあ、と思っていたところテレビで平野レミさんが家庭で出来る方法を紹介されていました。若干北京ダックとはちがうという事で「ペテンダック」というネーミングでした。同時に違う作業をしていたのでちゃんとテレビを観ることができなかったため、インターネットで検索するとレシピが紹介されているページがありました。
「これで家で北京ダックが食べられる!」とテンションが上がり、数日後に食材を買ってきて早速作ってみました。かなり材料費は安かったです。やはり本物の北京ダックは高級品なのだなあ、と改めて思いました。
キュウリやネギを切ったり、鶏もも肉をフライパンに乗せてホイルをかぶせ、その上に水を入れた鍋を乗せてカリカリに焼くといった簡単な工程なので誰にでもできると思います。子供と一緒に作っても楽しいかもしれません。全部で30分くらいあれば作ることができます。
完成してこれまた春巻きの皮を巻いて食べました。これがとても美味しく、思わず周りの人にもあげてしまいました。とても好評で、もも肉のカリカリ具合もまた本物とはちょっと違いますが美味しくて癖になりそうな味でした。
作ってから思ったのですが、わざわざ皮に巻かなくても持ったお皿にジャンをかけてもいいのではないかと思いました。近いうちにまた作るつもりです。

リードを放して犬を散歩させている飼い主に対して思うこと

犬を放し飼いにしていて、逃げ出した犬が、通行人に噛みついて怪我をさせた、というニュースがありましたが、結構犬にリードを着けないで、放し飼いみたいな感じで、散歩をしている人を見かけます。
小型犬が多いように感じます。
家の犬は柴犬ですが、私のしつけが至らない訳なんですが、小型犬が走り寄って来ると、イライラするらしいのです。
それで、興奮して吠える、小型犬がそれに反応してまた吠える、それに反応して家の犬も、、、と、悪循環になるのです。
押さえようにも、吠えながら跳ね回りますので、それを引きずって、早々にその場を立ち去らなければなりません。
相手の犬を噛む、という事はしませんが、でももしもの事があれば、取り返しがつかないからです。
放して散歩をさせている方の人は「大丈夫よ。家の犬は噛まないから」と言いますが「噛まないかも知れないけど、噛まれるかも知れませんよ!」と言った事があります。
大きな雑種の犬が、悠々と一人で散歩しているのを見かけた事があります。
人を噛んだらどうしよう、他の犬を噛んだらどうしよう、と心配もしますが、車に跳ねられたりしたらどうするんだろう、とも心配します。
実際放してある小型犬が、大型犬の足の間を走り回って、大型犬がイライラして、噛もうとするのを、飼い主が必死で押さえているのを見たこともあります。
でも、放している方は、気付きもせず、一生懸命大型犬の飼い主に、話しかけているのです。
いつも放して散歩させている人が、最近きちんとリードを着けて散歩させています。
聞いてみると、知らない男の人から、ちゃんとリードを着けて散歩させろ!と、怒られたようです。
リードを外して歩かせるのは、回りの人も迷惑に感じているのです。